Just another WordPress site

menu

【債務整理】すぐに弁護士を決めるの絶対ダメ!無料相談の3つの危険

任意整理について

saimunasini170

借金に困っていて、右にも左にも首が回らないという人もいると思います。日本の消費者金融からお金を借りると非常に高い利子を払わないといけなくなり、下手をすると、毎月利子を払って終わりという人もいるかもしれません。そういう時には、法律家に相談すると借金が軽くなるということもあるようです。債務整理にもいろいろな種類があります。過払い金請求、任意整理、自己破産などです。今回は、任意整理についてみていきたいと思います。

○任意整理のメリットについて
まず、一つ目のメリットとしてあげられることとして、周囲に知られることもなく任意整理することができるということです。実際この交渉では、裁判所を通す必要がありません。また、この手続きを法律家に依頼することで、すぐに消費者金融からの集金が止まります。そして、法律違反が疑われるような、重い金利負担については免除される可能性があります。そのうえ、過払い金があった場合は、お金を取り戻すことができ、借金が減額させることも可能です。これは、借り手からするととてもありがたいですね。これを申し込むための職業制限や資格制限などは一切ありませんので、誰でも借金について困っている人は申し込むことができます。

○任意整理のデメリットについて
自己破産の場合よりは期間は短いのですが、およそ5年は信用情報機関に情報が載ってしまうため、その期間については、クレジットカードを使用したり、ローンを組んだりすることができなくなります。また基本的に、話し合いで借金を減額したり、多額の利息を減額したりする手続きのため、借金の全額、一部が強制的に免除するということはできないようです。多額の借金がある人にとっては、自己破産が現実的になるケースもあるようです。詳しくは、法律家にご相談ください。

○まとめ
借金を背負いすぎると日常生活に支障をきたすようになります。そうなる前に、身近な法律家に借金について相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。